有線放送大手、無断で30年以上ケーブル設置(読売新聞)

懸賞 2010年 02月 22日 懸賞

 総務省は16日、有線放送2位の「キャンシステム」(東京都杉並区)が放送ケーブルを無断設置して違法状態を少なくとも30年以上続けているとして、経緯や実態について調査に乗り出したことを明らかにした。

 有線放送は1970年代ごろから、無断で電柱や道路に放送ケーブルをはわせるなどして業績を伸ばしており、政府は届け出を義務付けるなど指導を強化してきた。このため、業界最大手の「USEN」は2000年に全施設の無断使用を是正したが、キャンは違法状態解消に至っていない。

混迷深まる普天間移設 各党案提示を先送り(産経新聞)
唐突な内部留保課税案=「競争力そぐ」と産業界反発(時事通信)
小沢氏処分、検審へ 民意で起訴の可能性 鳩山首相も審査中(産経新聞)
高木美帆選手 姉の菜那選手が世界ジュニア代表に(毎日新聞)
警視総監が信金視察=振り込め詐欺対策−東京・巣鴨(時事通信)
[PR]

by cmr7eg1aha | 2010-02-22 16:47

<< 小学館社長かたり女子大生だます...   「1票の格差」是正へ検討着手=... >>