「強盗強姦罪成立しない」と上告=裁判員裁判初の性犯罪−仙台高裁(時事通信)

懸賞 2010年 03月 19日 懸賞

 強盗強姦(ごうかん)などの罪に問われ、性犯罪を初めて審理した青森地裁の裁判員裁判で求刑通り懲役15年とされ、控訴を棄却された無職田嶋靖広被告(23)が、上告する意思を固めたことが17日、弁護人への取材で分かった。
 仙台高裁は10日、一審判決を支持し被告側の控訴を棄却。弁護側は強盗強姦罪の適用は誤りだとして減刑を求めていた。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
女性社長殺害で無期求刑=49歳男の裁判員裁判
女性社長殺害認める=49歳男の裁判員裁判
男性放置死、2人に懲役23年=強盗致死の裁判員裁判
「国民の社会常識反映」=裁判員判決、被告の控訴棄却

<就職内定率>大学生80.0% 00年以降最低の水準(毎日新聞)
<日本郵政>郵便局内の仕切り、撤去を開始(毎日新聞)
低気圧が関東沖から北上へ=大雪、暴風に警戒を−気象庁(時事通信)
正面衝突で3人死亡=小3男児も重体−堤防沿いの県道・名古屋(時事通信)
“エコチャリ”でGO! 渋滞知らずラクラク富士周遊 河口湖にレンタル電動自転車40台(産経新聞)
[PR]

by cmr7eg1aha | 2010-03-19 14:47

<< 「ホワイトデーのプレゼントした...   「レスしなきゃ」疲労感 たまに... >>