神戸の教会関連施設に消火器投げ込まれる(読売新聞)

懸賞 2010年 04月 20日 懸賞

 18日午前6時55分頃、神戸市中央区中島通のプロテスタント系教会の関連施設「神戸ルーテル聖書学院」で、1階廊下に消火器が転がり、消火剤が散乱しているのを男性牧師(63)が見つけ、110番した。

 玄関のガラスが割られており、葺合署は、何者かが外から消火器を投げ込んだとみて、器物損壊容疑で捜査している。

 発表によると、消火器は安全栓が抜かれた状態だった。

 兵庫、大阪、京都、滋賀の4府県では2008年秋以降、プロテスタント系の教会を中心に同様の被害が50件以上、相次いでいる。

馬毛島に米軍訓練移転=沖縄負担軽減へ政府検討(時事通信)
郵政改革法案、20日ごろ概要公表=亀井担当相(時事通信)
78歳女性、自宅で殺害 頭に傷、バッグなくなる 山口(産経新聞)
「治す」だけでなく「支える」医療を(医療介護CBニュース)
ペット大量投棄事件、現場に慰霊碑建立検討(読売新聞)
[PR]

by cmr7eg1aha | 2010-04-20 13:55

<< 仙谷戦略相「首相退陣なら衆参同...   寄付金税額控除は50%=社会福... >>