過労死企業名公開訴訟 第1回口頭弁論 国は争う構え(産経新聞)

懸賞 2010年 01月 30日 懸賞

 過労死による労災を認定した企業名を大阪労働局が不開示としたのは不当として「全国過労死を考える家族の会」代表、寺西笑子さん(61)が国に不開示処分の取り消しを求めた行政訴訟の第1回口頭弁論が26日、大阪地裁(吉田徹裁判長)であった。国側は請求棄却を求める答弁書を提出し、争う構えを示した。

 14年前に過労自殺で夫を亡くした寺西さんは「遺族がつらい思いをして労災を申請しても、過労死させた企業には何の制裁もない。若者が企業を選ぶ情報とするためにも企業名は公表すべきだ」と意見陳述した。

【関連記事】
「日に日にやせて」外食店長の苦しみ 労災を逆転認定
「名ばかり」店長の過労死でグルメ杵屋に賠償命令
激安スーパーを書類送検 長時間労働で女性過労死
過労死の企業名開示求めて提訴 全国初、大阪地裁
マックの名ばかり元女性店長、過労死認定

鳩山首相に「ドラ息子!」“子ども手当”でヤジまみれ(スポーツ報知)
民主 可視化法案、今国会提出を検討 (産経新聞)
新規インフルエンザ治療薬ラピアクタを発売―塩野義製薬(医療介護CBニュース)
春闘、経団連の立場理解=「簡単に昇給できる状況でない」−鳩山首相(時事通信)
<着服>博多署員が課内の積立金100万円を 停職処分に(毎日新聞)
[PR]

by cmr7eg1aha | 2010-01-30 00:15

<< 「自殺サイト知り合った」鎌倉で...