再編へ前途多難…中川元幹事長の勉強会、出席者冷ややか(産経新聞)

懸賞 2010年 02月 11日 懸賞

 自民党の中川秀直元幹事長が10日、東京・永田町の憲政記念館で、同党国会議員を集めた勉強会を開いた。中川氏は、年初に夏の参院選前の政界再編について言及していたことから、今回の勉強会は、同氏による政界再編の布石との見方が出ている。ただ、出席者の反応は一様に冷ややかで、中川氏が主導する政界再編は早くも前途多難の様相をみせている。

 勉強会には、河野太郎衆院議員のほか、昨秋の党総裁選で河野氏の推薦人に名を連ねた議員ら計12人が集まった。ジャーナリスト、田原総一朗氏が党の再生をテーマに講演し、次回も別の講師を呼ぶという。

 出席者の一人によると、「自民党が暗中模索の中で、これから党がどうしていくべきかを考えるための会」として、中川氏が呼びかけたという。もっとも、「次回以降は講師が面白そうだったら出席する」と冷めた反応を示した。

 中川氏は1月11日に地元、広島県内での会合で、「目指すべき日本の次の『坂の上の雲』を共有する者が結集し、国民も結集したときに政党再編が起きる。序幕は参院選前に始まるのではないか。トラトラトラ(われ奇襲に成功せり)と報告できるよう、わくわくするような一年にしたい」と訴えていた。

【関連記事】
参院選候補は「党員投票で」自民広島、5人が名乗り
自民党がどう変わろうと国民には関係ない
菅氏vs仙谷氏 上げ潮派と財政規律派、路線対立ですきま風?
「政界再編、序幕は参院選前に」 自民・中川氏
詐欺だ!脱税だ!自民・中川氏“鳩山刈り”

大阪・泉佐野市が学校統廃合など健全化計画を公開(産経新聞)
<狐の嫁入り道中>花婿と花嫁が面つけて…三重・四日市(毎日新聞)
「梅の使節」が亀戸に春をお届け(産経新聞)
タミフル服用後死亡で請求棄却=17歳亡くした父、医薬品機構訴え−岐阜地裁(時事通信)
<東大寺>次期同宗管長に北河原院主を選出(毎日新聞)
[PR]

by cmr7eg1aha | 2010-02-11 01:26

<< 神奈川いすゞ、車検でブレーキ整...   街中で人相ピタリ 5年逃走の男... >>