「小沢氏から2度入党要請」田村参院議員(読売新聞)

懸賞 2010年 02月 18日 懸賞

 民主党への入党を表明した田村耕太郎・参院議員は13日、鳥取市琴浦町で開かれた同党県連の常任幹事会に出席した。

 田村氏はあいさつで「小沢幹事長から2度要請を受け、決めた」と入党の理由を述べた。この後の報道陣の取材では「一番いい貢献ができるところを選ぶのは当然」とした上で、同党を批判していたことについては「私が言ったのはマニフェストをやる財源があるのかということ。財源問題は深刻になっており、間違いではなかった」と強調した。

 夏の参院選で田村氏は、鳥取選挙区から全国単位の比例選に転じて出馬する意向。報道陣から理由を問われた田村氏は「日本のためになると思って決断した」と説明。「民主党の支持率は下がっており、今の流れなら自民党から出た方が圧倒的に可能性は高かった。(選挙の)5か月前に政党、選挙区を変えるのは、国のため県のためしかあり得ない」と述べた。

 県連の福間裕隆幹事長らによると、田村氏の出席に先立ち、幹事会は入党について協議。「これまで批判していたマニフェストを受け止め、履行してもらう責務がある」といった声も上がったが最終的に受け入れ、県連副代表とすることを決めたという。福間幹事長は「田村氏に対し、県連の中には色んな思いがある。田村氏にはそれをきっちり受け止めてもらいたい」と話した。

東京・大田区職員、覚せい剤所持で懲戒免職(読売新聞)
<シー・シェパード>メンバー刑事処分を協議へ 調査船侵入(毎日新聞)
警視総監が信金視察=振り込め詐欺対策−東京・巣鴨(時事通信)
<オーロラ>極寒の空彩る マッキンリー山(毎日新聞)
滋賀・嘉田知事が出馬表明 「もったいない」生かす社会を(産経新聞)
[PR]

by cmr7eg1aha | 2010-02-18 01:23

<< アカハラ“加害者”を支援 処分...   首相自ら献金疑惑はらすべきだ、... >>